s h i m u k e n n e w s
                                        
(2017.06.22発行)
 
  

  平成29年度地域型住宅グリーン化事業

     今年度のグループ募集が始まりました。

    【 事業の趣旨 】
     地域の木材関連事業者、流通事業者、建築士事務所、中小工務店等が連携して取り組む
     省エネルギー性能や耐久性能等に優れた木造住宅・建築物の整備や、これと併せて行う
     三世代同居への対応等に対して補助するものです。
     これらにより、地域における木造住宅の生産体制の強化や、環境負荷の低減等を図り、
     良質な木造住宅・建築物の提供を促進します。


    【 補助対象となる住宅の種類・上限額 】
     ①長寿命型(長期優良住宅:木造・新築) 100万円/戸

     ②高度省エネ型(認定低炭素住宅:木造・新築) 100万円/戸

     ③高度省エネ型(性能向上計画認定住宅:木造・新築) 100万円/戸

     ④高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅:木造・新築および改修) 165万円/戸

     ⑤優良建築物型(認定低炭素建築物等一定の良質な建築物:木造・新築) 1万円/㎡

     ※①~④については主要構造材の過半に「地域材」を使用する場合20万円加算されます。

     ※①~④についてはキッチン、浴室、トイレまたは玄関のうちいずれか2つ以上を住宅内に
       複数個所設定する場合30万円加算されます。
      

      地域型住宅グリーン化事業支援室のホームページ ⇒ http://chiiki-grn.jp/home/tabid/121/index.php