s h i m u k e n n e w s
                                        
(2016.02.12発行)
 
  

   地域型住宅グリーン化事業拡充! 』


     地域型住宅グリーン化事業は地域材などの資源供給から、設計、施工に至るまで
     関連事業者の連携体制により、地域における木造住宅の生産体制の強化を図るものです。
     

     平成27年度補正予算案にて、三世代同居に対応した良質な新築住宅についても支援する
     として、拡充が閣議決定しました。


    地域型住宅グリーン化事業(国土交通省)

     基本的内容は26年度の「地域型住宅ブランド化事業」を受け継ぎ、認定低炭素住宅・
     ゼロエネルギー住宅が加わり、非住宅(木造店舗等)も対象となります。
     
     
補助金額・・・@【長寿命型(長期優良住宅)】 1戸あたり100万円 +20万円(地域材使用)
             A【高度省エネ型(ゼロエネ住宅)】 1戸あたり165万円 +20万円(地域材使用)
             B【高度省エネ型(認定低炭素住宅】 1戸あたり100万円 +20万円(地域材使用)
             C【優良建築物型(認定低炭建築物等一定の良質な建築物)】 床面積1uあたり1万円

       
    
今回、拡充された内容は
    『 三世代同居加算 1戸あたり+30万円 』


    三世代同居であり、キッチン・浴室・トイレ・玄関のうち、いずれか2つ以上を住宅内に複数個所
    設置することが条件となっております。

    長期優良住宅の場合、これまでの100万円(地域材使用120万円)に30万円加算で、
    130万円の助成が受けられます。



    ★補助事業摘要グループの採択を受けた事業者でなければ受けられない補助金です。
       弊社所属グループ
        ・秋田杉匠の会 「秋田スギの香る家:
        ・秋田こだわり木の家協議会 「秋田こだわり住宅」